ブログトップ

ふたつあしよつあし

wwdogs.exblog.jp

タグ:盲導犬 ( 21 ) タグの人気記事

またまた誕生日おめでとう

日付が変わってしましたが9/11は、I胎とE胎の誕生日。
みんなそれぞれに幸せな日々を送っていると事と思います。おめでとう。

さらに、昨日、協会から写真が送られてきてイッシュが盲導犬としてデビューしたとのことでした。笑顔でハーネスをつけた姿がとても素敵です。重ねておめでとう!
いろはとイアンの介助犬協会組も訓練中のはず。頑張ってね!
[PR]
by wwdogs | 2007-09-12 00:22 | リオ仔その後

関西盲導犬協会 繁殖ボラ募集

関西盲導犬協会で「繁殖ボランティアを募集」していますね。
私達がしてきた様な自宅出産はしなくても良い、という条件。
日盲でも富士宮で出産、子育てをしたりしていますので、この形は増えてくるかもしれませんね。
自宅から離れて母犬は不安じゃないかなぁと思いますが、人間も入院して産んだりするから同じかな。
[PR]
by wwdogs | 2007-06-22 00:40 | よつあし雑記

ケータイの意外な一面

梅を見に出掛けた時に気付いたことですが、盲導犬ユーザーのNさんが携帯電話のカメラを使って写真を撮っていました。ちなみにNさんは目の前にまで近づけばぼんやりと輪郭の様なものが判るそうです。
 携帯電話でメールの読み上げなどが出来ることは知っていましたが、カメラの操作が音声ガイドされるのは知りませんでした。カメラを起動する時には「カメラを起動します」といった風に音声が流れるのです。考えてみれば耳が聞こえない聾唖の方達にとってメールはきっとすごく便利なものでしょうし、とかくマナーが問われるケータイですが、捨てたものじゃないですね。
通常のカメラにそういう機能ってあるのかな。無ければオプションでも用意すればいいだろうなぁ。
 それにしても渋い雰囲気のNさんがニコニコして「父ちゃんの顔はどこだぁ~~」といいながらパートナーのコリンちゃんの写真を撮る姿には私も顔が緩んでしまいました。みんな親ばか、良い事です(笑)
b0041638_23131425.jpg

Nさん、私より全然上手です、さすが。↓Nさん撮影の写真
ちなみに同じ場所で私が撮ったリオの写真は妻に「なんで地面ばかり写してるの?」とまで言われてしまいました。ガチョーン(涙)
b0041638_23203611.jpg

ドコモのサイト「ユニバーサルデザインについて」
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/csr/ud/product/index.html

(以下写真の説明:1枚目枝垂れ梅の中でコリンちゃんを撮影するNさんの姿。2枚目枝垂れ梅をバックにしたコリンちゃん、きりっとした表情です。(Nさん撮影)以上)
[PR]
by wwdogs | 2007-03-21 23:02 | ふたつあし雑記

梅の香り

今日は気象庁の桜予報が間違っていたなんてニュースが流れていましたが、ちょっと遡って梅の話しでも。
先月の事ですが、蘇我梅林まで梅を見に行きました。桜は「見る」ですが、梅は「香りを楽しむ」という面もあって好きです。もうぎりぎりの時期でしたが、梅林に入ると、ふわ~っとといい香り漂います。
花びらが散った後に残るガクが紅い様もいいですね。
b0041638_22392895.jpg

 今回は盲導犬のコリンとユーザーのNさん、グレーディーともこぞうさんが遊びに来てくれたので、この梅林にご案内しました。
もこぞうさんは写真が趣味で、リオの子育ての時に撮影してもらった事があります。今回もこんな風に撮って貰ったりして、その様子を私がパチリ(笑)。
b0041638_2251448.jpg

 途中、こんなものを発見!Nさんは「懐かしいなぁ」と仰っていましたが、わらぼっちって言うのかな?
b0041638_2255644.jpg

 ゆっくり園内を一周して、最後に枝垂れ梅の林がありました。ピンクと白、これだけまとまっていると見事ですねぇ。ちょっと一服のNさんとコリンちゃんをパチリ。Nさんってどこか刑事みたいな渋い感じ方ですので、プカリとやっている姿をみると余計にそんな感じに思えてしまう(笑)。
b0041638_231746.jpg

ちょっと風が冷たかったですが、花と香りを満喫して帰ったのでした。もうじき桜かな。
b0041638_2364489.jpg


(以下写真の説明:1枚目白い梅の花が咲く中に花びらが散ったの紅色のガクが混じっている様子 2枚目梅の林の中で妻とリオを撮るもこぞうさん 3枚目梅の木の間に藁を円錐上に積み上げたもの 4枚目ピンクの枝垂れ梅の前でタバコをふかすNさんとカメラ目線のコリンちゃん 5枚目白い枝垂れ梅の花のアップ 垂れ下がる緑の幹に沢山の花をつけています。以上)
[PR]
by wwdogs | 2007-03-14 23:18 | お出かけ

こんなトイレットペーパーはいかが?

前に協会でも見た事がありましたが、昨日買い物に行ったホームセンターで思わず買ってしまいました。チャリティッシュというそうです。
b0041638_131693.jpg


売上の一部が日本盲導犬協会に寄付される仕組みになっています。
b0041638_133585.jpg

このトイレットペーパー、一般の人からのイラストやコメントが印刷してあり、「おもしろいなぁ、応募してみようか」と一瞬思いましたが、使われることを考えると「う~ん」と考えてしまいますね。

ちょっとご無沙汰していますので、たまにはリオでも。ちなみにシーズン中でーす。
b0041638_1425100.jpg


盲導犬サポートショップへのリンク
http://www.gomoudouken.net/shopdetail/012005000002/order/

(以下写真の説明:1枚目パッケージされたトイレットペーパーの全体。グリーンの文字で「わたしの家族」と入っていて、上にグリーンをバックにハーネスをつけたワンコ等のイラストが印刷してあります。2枚目パッケージの裏に「このトイレットペーパーの売上の一部は日本盲導犬~」等と印刷してある部分のアップ。3枚目 トイレットペーパーのパッケージの横で大あくびをするリオ。緑の字で「ヨロシクね」と入れてあります。以上)
[PR]
by wwdogs | 2007-02-19 01:11 | よつあし雑記

ひと足?早い春

今日はウチのあたりも結構寒く、関東でも雪が舞った所もあったようですが、今年の冬はやはり暖かい様で、庭には一度も霜が下りていないし水道も凍っていません。温暖化が着実に感じられますね。
そんなところ、ちょっと早い春のお届けです。
この写真、実は1/8に撮ったものですが満開です。2月に入ってから菜の花祭りなるものがあるそうですが、その頃は種しかないでしょうね。
新聞一面に載ったようで、この日はすごい人でした...。
b0041638_2555797.jpg


(以下写真の説明:縦の写真、手前につんと澄ました顔のリオが座り、その後ろに満開の菜の花の黄色い帯が流れています。上半分は微かに見える山の稜線と雲の浮かぶ青い空です。以上)
[PR]
by wwdogs | 2007-01-21 03:00 | リオの日常

サプライズ駅伝

今年も駅伝を見てきましたよ。(と言っても1/2は寝坊のため1/3の復路ね(汗))
 朝、箱根を降りてきた頃をTVで見計らって家を出て、2人+1シッポで近所をテコテコ歩いていると、通り越していった車の運転手が随分振り返って私達のことを見ていました。「そんなにワンコが珍しいの?」と思いきや、すぐに車が止まって見覚えのあるご家族が「リオちゃーん!」と降りてきました...、何と!リオのPWだったSさん一家です。ビックリ!
たまたま、伊豆へ旅行の前に駅伝を少しだけ、と思って通りかかったそうです。
すごい偶然ですね。数分ずれただけでも会えなかったでしょう。
そのまま、皆で駅伝を観戦。
b0041638_023138.jpg

選手達が通過して、旅行へ向かうSさん達とお別れしてから、いつもの神社へ初詣。
実は元旦に行ったのですが、リオを連れていたのもあり、行列に尻込みをして取りやめた為、改めてです。例の輪をリオと共にくぐってお参りしてきました。この輪って犬もくぐってよいのかな?
ちなみに輪をまたぐ時は左足からだそうです。リオは出来ていなかったけどね(笑)。
b0041638_0264256.jpg

それにしても、新年早々良い事がありました。

(以下写真の説明:一枚目 目の前を通過する3選手の姿。二枚目 神社で藁で出来た大きな輪をくぐる私とリオ。輪の直径は3m位です。以上)
[PR]
by wwdogs | 2007-01-03 23:14 | リオの日常

晴れの日3--(盲導犬総合センター)

帰る前に施設の中を少し見学させて頂きました。
富士宮の施設は正確には日本盲導犬総合センター「盲導犬の里 富士ハーネス」といいます。さすが出来たばかり、ロビーもピカピカで雰囲気も良好。
この施設は全て平屋になっており、この部屋の様に全ての部屋から富士山が見えるようになっています。
b0041638_23443673.jpg

ここには出産、仔犬、老犬、訓練犬、デモンストレーションの部屋などがあり、各部屋は廊下(回廊)で繋がっていて、コテージのような雰囲気とでも言えばいいのでしょうか、面白い造りです。
老犬や繁殖も行われるため、医療室があり、獣医さんが常駐しています。詳しくは判りませんが、設備も整っているようですね。
b0041638_23464677.jpg

 私達が一番印象に残ったのは、「引退犬の部屋」。暖かい日差しの差し込む部屋に2頭の子がノンビリと過ごしていました。ごく普通の家庭のようにキッチンカウンターやテーブル、椅子などが置かれる配慮がされていて、ベッドがあったらそのまま泊まっていきたい様な良い部屋です。私達も床に座って少しの間ノンビリとした時間を過ごしました。唯一の難点は床の仕上げが今ひとつで滑ってしまうこと。職員さんも仰っていましたが、コルクの床にしたのですが、すぐ傷まないように表面に施したコーティングがよくなかったようです。老犬にはちょっと辛いかな。いずれ改善されるでしょうね。
b0041638_094959.jpg

b0041638_23533544.jpg


繁殖犬が出産子育てをする部屋には出産したての親子がいましたので、見学は出来ませんでしたが、カメラによる監視機能もあるそうです。スゴイ。

 
 今後、繁殖はこの施設を中心として行っていく方針だそうです。母犬は妊娠をするとこの施設に連れてこられて、出産子育てをするという形になり、いずれ私達のように家庭で出産子育てをするブリーディングウォーカーはいなくなるのだそうです。パピーウォーカーは希望者も増えて安定してきたと思いますが、ブリーディングウォーカーは前々からなかなか引き受け手が出てこない現実があります。
家庭、施設、それぞれのやり方で良い点悪い点はあると思います。ただ一つ私達の願いは効率だけを追い求めて繁殖犬の幸せを忘れて欲しくないという事です。リオの様な母犬達は自ら希望して子供を産んでいる訳ではないのですから、最低限、安心して出産子育てに臨める様に可能な限り万全の環境、体制を整えて欲しいと思います。ひとりでも多くのユーザーに盲導犬が行き渡るように、という希望と相反する課題ですが、是非ともクリアして頂けたらと思います。


さて、途中からリオは立ち入り禁止の区域に入りましたので、私達が見学をしている間リオはどうしていたかというと...、こんな感じで情けない顔をして(笑)私達の帰りを待っていたようです。抜け毛がひどいのでマナーコートを着ています。
b0041638_08585.jpg

いつもの通り、チビ達を送っていった帰り道は空っぽの部屋が寂しくて、まっすぐ帰りたくないんです...。夜遅くまで御殿場で寄り道をしてしまいました。
b0041638_01625100.jpg


リオ、本当にお疲れ様でした。ルイーズも含め私達の元を旅立って行ったチビ達にも多くの事を教わりました。感謝しています。幸せになってね。





(以下写真の説明:一枚目 部屋の中からの富士山の眺め、壁の上の方についたガラスから富士山が見えています。二枚目 真っ暗な廊下の窓から撮った医療室の様子。診療台の様なものが写っています。三枚目 老犬の部屋の様子。右側が全面ガラス窓で光が差し込んでいます。左側にキッチンカウンター奥にテーブルと椅子、右の窓際に赤いソファが置いてあります。やはり正面の壁の上方に窓があり富士山が見えています。四枚目 老犬の部屋にいた子(名前忘れてしまいました、ゴメン)白い毛並みでやさしい顔をしています。五枚目 水色のソファーの傍に繋がれて私達を待つリオ、芝生の中庭を挟んでガラス越しの少し遠くからの写真です。手前にスプリンクラーの水滴が飛んでいます。リオはグリーンのマナーコートを着てこちらを見つめています。六枚目 帰ったあとの部屋の様子。チビ達のいない空っぽの産箱スペースにオモチャがいくつか転がっています。以上)
[PR]
by wwdogs | 2006-11-28 00:56 | 出産子育て5

晴れの日2

先日の続き。
 送る道中、チビ達は毎回誰かがキャンキャンと騒々しいのですが、今回はかなり静か。
いつかなんかは家を出て5分でツーをしたヤツもいましたから(笑)、上出来です。初めは少し騒いでいたもののenyaを流したらすぐに静かに。部屋でよく流していたので子守歌になったようですね。
 スヤスヤ眠るチビ達を時々ルームミラーで見つつ東名で西を目指すこと1時間、富士ICで降ります。途中、フードの匂いがしたと思ったら誰かがフードを戻してしまいました。ありゃりゃ。
一般道に降りて少し揺れたのでしょうか、大丈夫かな?片付けてから再出発。少しスピードを緩めてゆっくり走ること30分。右手にドーンと富士山が現れ、盲導犬総合センターに到着しました。
b0041638_1275525.jpg

うちの辺りからも富士山は結構間近に見えますが、富士宮は富士山を挟んでちょうど向こう側に当たります。うちからは遠そうで近そうでといった感じかな。

まずはチビ達を仔犬用の部屋へ。
数日前にボニーちゃんという繁殖犬が富士宮で初めての出産をしたそうですが、ベビーの受け入れはリオ仔が初めてとのこと、完全に新品の部屋に案内されました。打ちたてのコンクリートの床に下ろすとおっかなびっくり様子を窺い始めるチビ達。
b0041638_1342359.jpgb0041638_1343915.jpg















しばらくするとエモっちとアイちゃんはオモチャで遊び始めましたが、かず吉は相変わらずマイペース、気に入ったのか気に入らないのか、面白い子です。怖いのかな?緊張しているようにも見えます。

b0041638_1395186.jpgb0041638_140326.jpg






 








しばらくチビ達のそばにいて、落ち着いて静かになった頃に部屋を後にしました。今回の子達は東北と栃木へ行きますので、もしかすると二度と会えないかもしれないと思うとちょっとこみ上げてくるものがありますが、なにより優しい人達に囲まれて幸せになってくれたらと思います。
もちろん!最後はみんなにチューしてお別れ。
みんな頑張れ!かず吉ちゃんとゴハンを食べろよ!職員、ボランティアの皆さん、チビ達をよろしく。
b0041638_1545779.jpg


この後、施設の中を少し見学させて頂きました。
3へつづく。


(以下写真の説明:一枚目 盲導犬総合センターに入ってすぐの景色。富士山をバックに手前に平屋の建物。二枚目三枚目 子犬用の犬舎にチビを下ろした後の様子。クンクンと嗅ぎ回るエモとアイ。コンクリの床の奥が全面ガラスで日が差しています。四枚目オモチャで遊びだしたエモとアイ。五枚目 床にダウンしてチョロっと舌を出したかず吉。六枚目 外からガラス越しにチビ達の犬舎を写した様子。ガラスの奥で3頭が寝ています。以上)
[PR]
by wwdogs | 2006-11-23 02:15 | 出産子育て5

晴れの日

もう、チビ達を送り出してから10日が経ちました。あっという間ですね。
子育て中のことも振り返りつつ、また、ちょっとづつブログを書いていこうと思います。

今回の子達は、1頭がお父さん犬バースの所属する(財)栃木盲導犬センターへ、2頭は(財)日本盲導犬協会で仙台のPWさんの元へ行くことになったと聞きました。
...ということは...ガーーン!実質、もう会うことがないじゃん(涙)。今回こそはフリーランなどにどんどんお邪魔しちゃうぞ、と意気込んでいただけに、残念~~。上手くいきませんねぇ。

気を取り直して、まずは、送っていった当日の事など。

10月31日(火)にチビ達を富士宮まで送っていきました。
当日はまたもや快晴!チビ達を連れて行く日はいつも晴れで、本当にお天道様に感謝、感謝です。雨だと大変だし、ちょっと滅入っちゃいますからね。
最後の食事を済ませ、チビ達を良く拭き、識別リボンも綺麗に付け替えます。向こうに行ったら紐は外して、マニュキュアでマーキングしますので、道中だけですが、晴れの日ですから一層綺麗にしていかないと。こういう事も最後かと思うとちょっとしんみりしちゃったりして...。
b0041638_2042784.jpg


準備が出来たら一頭づつ抱っこして写真を撮ります。

かず吉も大きくなったね。よかった。
b0041638_20332117.jpg

アイちゃん、眠いのか?
b0041638_2034455.jpg

エモは重くて重くて(笑)
b0041638_20343657.jpg


準備が出来たら、みんな乗り込んで出発進行ーー!
b0041638_20374254.jpg


続きはまた後日。


(以下写真の説明:一枚目 正座の姿勢でチビをひざに載せて体を拭く図、チビは仰向けでお腹を拭かれています。二枚目 抱っこしたかず吉、きょとんとした表情。 三枚目 アイちゃん、ちょっと眠そうな顔 四枚目 抱っこされたエモっち、重さに耐え切れず下にずれてしまっています。五枚目車に乗り込んだチビ達。車の後部座席を倒し、ピンクのサークルを置きロープで固定しています。サークル越しにカメラの方を向いています。以上。)
[PR]
by wwdogs | 2006-11-11 20:10 | 出産子育て5